美容整体のお店でも提唱。腸腰筋を鍛えるには「大股歩き」。

この記事では、腸腰筋(ちょうようきん)を鍛えるのに効果のある歩き方(大股歩き)について、紹介します。

実際に、私がかつて働いていた整体(美容整体)のお店で、お客様にこの歩き方を伝授していました。

骨盤の歪みや開きを気にしていない人でも、年齢とともに筋力が落ち、姿勢や歩き方に表われてくることは、実感されている人は多いのではないでしょうか。

腸腰筋を鍛えることで、骨格の歪みがかなり解消されます。

その腸腰筋を鍛えるのに、お金もかからずお手軽にできるのは、「大股で歩くこと」です。

その歩き方を、もう少し詳しくこの記事で解説します。

腸腰筋(大腰筋)を鍛える歩き方

「人(ひと)」という漢字を思い浮かべてください。


人。

ざっくり言うと、前に片脚を出したときに「人」という漢字のような形になっていればOK.

歩幅を広く。大股であるくには。

ポイントは、

脚は「みぞおち」の下あたりから、生えているとイメージすること。

これで、歩幅が楽に広くなります。

太ももの付け根から脚が出ているとイメージすると、歩幅の起点(頂点)が、股関節になります。

しかし、「みぞおちのあたりから脚が出ている」とイメージすると、歩幅の起点(頂点)が、ちょうど腸腰筋のあたりになるのです。

骨格レベルで見ると、足の付け根は股関節のように見えます。

骨盤が動けば股関節の位置も動くので、その意味で、骨盤のように見えるかもしれません。

しかし足の骨を動かす筋肉に着目すると、大腰筋の上の端っこが、足の付け根になります。

ねこ背は治る! ──知るだけで体が改善する「4つの意識」 より引用

※大腰筋(だいようきん)とは、腸腰筋の一部です。

腸腰筋は、おもに大腰筋と腸骨筋(ちょうこつきん)とから、なっています。


腸腰筋=大腰筋+腸骨筋

そして、大腰筋はちょうどみぞおちの下あたりから伸びています。

みぞおちの下あたりから、背骨にくっついて、骨盤の中を通り、太腿の付け根にまで伸びています。

大腰筋は、上半身と下半身をつないでいる筋肉なのです。

 

 

次のイラストを見てください。

①の人は、「太腿の付け根が、足の付け根だ」と思っています。

ですから歩く時には股関節を頂点にした振り子運動になります。

②の人は、「鳩尾の少し下あたりが足の付け根だ」と正しくイメージできています。

大腰筋の上の端っこを頂点にした大きな振り子運動になります。

ねこ背は治る! ──知るだけで体が改善する「4つの意識」 より引用

※「鳩尾」とは「みぞおち」です。

鳩尾の少し下あたりから脚が生えているというイメージは、鳩尾の少し下から伸びている大腰筋とダイレクトに重なりますよね。

背筋をのばし、さっそうと歩く

あと、背筋は伸ばして歩くこと。

腕の振りは自然にまかせていれば、充分ですが、もう少し余裕があるのなら、腕の付け根も肩ではなく肩甲骨だとイメージできれば、なおいいです。

が、とりあえずは自然でOK.

最初はあまり、腕のことは気にせずに、背筋を伸ばして、脚はみぞおちの下あたりから出す。

すると、歩幅が広くなり、なおかつ、楽に歩けます。

目線は前方か、やや上に向けます。顔がまっすぐ前に向く程度です。

速度はやや、速めに。さっそうと歩きます。

後ろからやさしく押されている、というイメージできるとさらに、速く歩けます。

・・・ほら、歩く姿は漢字の「人」、という字みたくなりませんか。

これが、私が勤務していた美容整体のお店でお客様に指導させていただいた、

「腸腰筋を鍛える効果のある大股歩きの歩き方」、

です!

簡単でしょ?お金もかかりません。

大股で歩く距離。どのくらい歩けば?

とはいえ、慣れるまでは、疲れてそんなに長い距離は、歩けないかと思います。

そんな場合は、電信柱と電信柱の間くらいの距離から、始めてみるのもいいでしょう。

慣れてきたら、電信柱の数を増やしていけばいいのです。

毎日の通勤、通学路で自分が必ず通る道を思い浮かべてください。

電信柱、ありませんか?

明日から、その電信柱を目印に、最初は短い距離からでいいので、腸腰筋を鍛える大股歩きをしてみることをおすすめします。

できれば毎日、継続して行いましょう。

美容整体のお店でも提唱。腸腰筋を鍛えるには「大股歩き」。まとめ。

私が以前、働いていた美容整体のお店は、接骨院が経営母体でした。

そこでは接骨院のメニューにあった骨盤矯正を行っていました。

また矯正と合わせて、「楽トレ」という電気で筋肉を鍛える(EMS)機器を使ったメニューもありました。

せっかく施術で骨格を整えても、自分の筋肉で骨格を支えられなければ、また歪んでしまいます。

それゆえ、骨格を自分で支えることができるように、筋トレも必要になってくるのです。

お客様ができる一番簡単な筋トレは、この腸腰筋を鍛える「大股歩き」です。

ほかにも、「足振り運動」というのもあります。

こちらは外に出なくでもできるのでさらにお手軽にできますが、今回は「大股歩き」を記事にしてみました。

ちなみに、体調が悪かったり、どこかしらケガや不調のある人は、やめてくださいね。

この記事を読んで大股歩きを実践していただき、腸腰筋を鍛えて姿勢の良い若々しい外見を保つことに、役立てていただきたい・・・という想いはあります。

けれどもなんらかのトラブルがあっても、当方では責任は負えませんので・・・。


ご自分の責任の範囲でお願いします。

なら、記事にするなや。

自分の経験も活かせたらいいな、ということと、ブログを読んでくださったかたに役立つ情報を、と思いまして。

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました!


くれぐれも、体調の悪いときはやめてくださいね。

関係する記事>>>腸腰筋を鍛える最も簡単な方法とは・・・。

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ダンサーでもなる!四十肩、五十肩になったときの対処法

大人バレエをしてる人にこそ勧めたい。ストレッチポールの使い方:準備運動編

バレリーナやダンサーに多いストレートネックは改善するべき?

「カツオ」というネーミングの腹筋エクササイズ。

腹横筋を鍛えるメリット。

腹式呼吸のススメ|ストレスで筋肉が固くなると疲れが取れない!