バレエの軸足を鍛えるためセラバンドを購入してみた。

今回の記事は、バレエのためにセラバンドを購入した、という内容です。

だからなんだ、と言われてしまえばそれまでですね( ´艸`)。

ただ、セラバンドは介護の現場でも、介護予防やリハビリに使われているので、のちのち、多くの人になじみのある道具になっていくかもしれませんよ。

 


私はバレエのレッスン時に(トウシューズを履いて)立ったり歩いたりすることがあります。

その時、すぐに膝が曲がってしまい、立っていられなくなるのです。

そこで、膝が曲がらず、膝を伸ばしたまま立っていられるにはどうしたらいいのか、調べてみました。

そして、自分で調べた結果、私の場合は膝の内側の筋肉を鍛えるのがいいのではないか、ということになりました。

それにはセラバンドを使うエクササイズが有効です。

そこで、セラバンドを買いました。

ちなみに、購入したのはネットでではなくて、静岡市内のチャコットです。

私が買った商品は株式会社D&Mという会社が輸入・販売を行っています。

もちろん、Amazonなどのネットで購入可能です。↓↓↓


 

購入したのは、お店の人に勧められて一番、一般的だと言われた赤(レッド)。

強度はミディアムということなので、中程度ですね。

一番弱いものから

  • エクストラシン
  • シン
  • ミディアム
  • ヘビー
  • エクストラヘビー
  • スペシャルヘビー
  • スーパーヘビー
  • マックス

です。

私のお勧めは強度がミディアムのレッド

ミディアムは、触ってみると「こんなに薄くていいのかな」とも思ったくらい、けっこう薄かったです。

でも、実際エクササイズに使ってみると、けっこういい感じ。

ああ、この強さで自分はよかったんだな、と思いました。

強度がシンとミディアムなら、筋力アップ、シェイプアップ、リハビリ、介護予防という4つの用法にすべて使えます。

セラバンドの用途

  1. 筋力アップ
  2. シェイプアップ
  3. リハビリ
  4. 介護予防

エクストラシンだとシェイプアップには向いてないとか、ミディアムより上の強度だと、リハビリと介護予防には強すぎるとか、スペシャルヘビー以上だと筋力アップのみにしか向かないとか、(あくまでも目安です)向き、不向きがあります。

そういうの(強度、用途、向き不向きなど)も、すべてパッケージで確認できるようになってました。

それでも・・・どれを買っていいのか不安なら、お店の人に相談するといいでしょう。

とりあえず、一般的によく使われる強度はミディアムだそう。

ミディアムといえばふつう、多くのメーカーで色は赤らしいです。

・・・今回の内容は、以上でした。

私がトウシューズで立つのが膝が曲がるので、うまく立てないから⇒バレエの膝の筋肉を鍛えるエクササイズをしたい⇒だからセラバンドを購入しました・・・という話です。


私と同じように膝を鍛えるなら、ミディアムがおススメです。

私が購入したのはコレです↓↓↓

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

結局はインナーマッスルを鍛えることが大事!

発表会に習い事・・・おススメのビデオカメラの機種。

9月12日はマイケル・ジャクソンが87年にツアーで来日した日

吉田都が50歳を過ぎても第一線のバレリーナで活躍できる理由とは?

Style Athlete(スタイルアスリート)をおススメするなら。

20代の時より40代の今の方が良い姿勢と気づいた。