さくらももこの死で想うこと。

漫画家で作家、作詞家、エッセイストとしても活躍した、さくらももこが亡くなりました。

さくらももこ(敬称略)とは、同じ静岡県の出身です。

彼女は静岡市のお隣の清水市(現静岡市)の生まれで、有名な漫画・アニメ作品の「ちびまる子ちゃん」は、設定は清水市が主な舞台です。

私の高校にも当時、さくらももこを教えたという先生もいたりしました。

さくらももこが53歳という若さで乳がんで亡くなったことは、私にもショックでした。

noteにさくらももこの「笑い」についての考察を書きました。

さくらももこにまつわる思い出にも少し触れています・・・。

※↓JR静岡駅北口にて撮影しました。

「ちびまる子ちゃん」は少女漫画雑誌「りぼん」に連載された第1話から読んでいました。

小学校5年生で読んだ当時、


こんな面白い漫画があるのか!

と驚き、たちまちファンになりました。

※その面白さに衝撃を受けた「ちびまる子ちゃん」。個人的には第1巻と第2巻がオススメ。漫画全巻ドットコム!では、全巻まとめて購入できます。

直接「ちびまる子ちゃん」全巻購入ページは、↓の画像をクリック。


その後、「ちびまる子ちゃん」はアニメになりました。

そしてさくらももこの初エッセイ「もものかんづめ」が大ヒット。

当時のベストセラーにいつまでも「もものかんづめ」がランクインしていて、当時、高校生だった私は


いったい、いつまで売れ続けるんだろう?!

と思っていた記憶があります。

それくらい、初エッセイの売れ行きはすさまじいものがあったと思います。

当然、私も読みました。爆笑。

その後、何冊も本を出し、漫画作品も「ちびまる子ちゃん」だけでなく、「コジコジ」や「永沢君」も。

「コジコジ」は、笑いのなかにも


これは哲学書か?

と思うような、深い意味があるのではと感じさせるセリフがあったり。

「永沢君」は冴えない中学生男子の日常が、ほんとうにおかしくて。

 

 

※一筋縄ではいかないキャラクターの宝庫!「コジコジ」。シュールで哲学的で、なんかおかしい。
漫画全巻ドットコム!では、全巻まとめて購入できます。

直接「コジコジ」全巻購入ページは、↓の画像をクリック。

※ちびまる子ちゃんのキャラクター、永沢くんが中学生なったら・・・?

さくらももこは、私にとってかなり身近な作家であり、漫画家だったと、改めて思います。

まだ、ちょっとその死が唐突すぎて、信じられない感じがします・・・。

後日、私の好きなさくらももこ作品をランキング形式で紹介したいと思います。

とりあえず、noteに想いのたけを綴りました。

よかったら、読んでみてください・・・。

 


まるこの単なるパロディではない・・・ちびしかくちゃん

さくらももこが描く、地味なアナザーワールド
国民的漫画『ちびまる子ちゃん』から飛び出した! さくらももこによるセルフパロディ漫画『ちびしかくちゃん』!! 「子供の世界にも人間関係がある」のは『まる子』と同じ、だけど本家よりも“何かと角が立つ”のが「しかくちゃん」… 世知辛い世間を生き抜く、「しか子」をみんなで応援しよう! 合言葉は「がんばれ、しか子!」!!!

「ちびしかこちゃん」内容照会文より


表紙からしてパロディ。「ちびまる子ちゃん」1巻の表紙と比べてみて。

しか子の『あの・・・私ですみません・・・。』のセリフが泣かせる!
・・・意外にコチラの方が素の自分(作者)に近かった?

出世作「ちびまる子ちゃん」と遺作「ちびしかくちゃん」

 

=====

 

しかくちゃんは、さくらももこの遺作、ということになるようです。闘病しながら描いていたとか。

子どもらしい「まる子」よりも、周囲に気を使い、自分がない故にバカにされる「しか子」の方が、私はよりシンパシーを感じました。

「ちびしかくちゃん」1巻より引用

とはいえ「ちびまる子ちゃん」も、初期の頃はけっこうシニカルな雰囲気が作風に色濃く漂っていました。

ちびまる子ちゃん1巻より引用

まる子の母、すみれさんも、ちびまる子ちゃん初期の頃は、ちょっとアレ・・・。↓

ちびまる子ちゃん1巻より引用

このころの「ちびまる子ちゃん」(コミックス2巻くらいまで)が、私は特に好き。

一方、遺作「ちびしかくちゃん」のほうは、Amazonの書評は不評なものが多いようです・・・。

確かに、心が洗われるような(ほのぼの系)作品ではない、かもしれません。

たとえば、まる子の親友のたまちゃんは、「こんな親友がいたらいいいな」と思わされる、すごく心やさしい女の子ですが、しか子の親友の「だまちゃん」となると・・・。

↓これこのとおり。

「ちびしかくちゃん」1巻より引用

「ちびまる子ちゃん」では、その存在がフューチャーされることが少ないおばあちゃんが、「ちびしかくちゃん」では・・・、

「ちびしかくちゃん」1巻より引用

かなり、ひどい・・・。

ですが、私のように、


これはこれで、アリでしょう!私は面白いと思いますし、好きです。

というような人も、なかにはいるようです。

↓Amazonの書評より・・・。


この作品があることを昨日知りました。ほのぼのしていた「まるちゃん」とは正反対です。他の評価も低いように少し、残念な気持ちにはなります。しかし、ダークな作品だと理解しておけば、なるほどと思える作者の発想力を感じます。作者がご病気であったと考えると、しかくこちゃんが短冊に書いた、ふつうに過ごしたいという気持ちが痛いほど伝わってきます。今までありがとうございました。ご冥福をお祈り致します。

amazonのレビューより引用


ちびちかくちゃんというタイトルに惹かれてKindle版を購入。

電子で「立ち読み」になっている話がかなり哀れだったので心配しましたが、読んでみたら面白かったです。

さくら先生の悪ふざけが好きな人向けといいましょうか。まるこのパロディと思うと、その酷くてくだらなすぎるお話しがかなり面白いです。

「神のちから」「コジコジ」「永沢君」など、さくら先生の昔からのブラックユーモアが好きな人には受けると思います!私は大好きです。
さくら先生が長生きされて、ちびしかくちゃんも16巻まで刊行して欲しかった(表紙のパロディも全刊見たかった!)です。

amazonのレビューより引用

まる子やしか子と同い年の小学3年の私の娘も、「ちびしかくちゃん」をクスクス笑いながら読んでました。

 

個人的には、「永沢くん」が超おすすめ。
ばかばかしくて面白い!そしてちょっぴりほろ苦い作風です。

自分が永沢君や藤木君みたいな中学生男子じゃなくて、よかった・・・。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

さくらももこ先生のご冥福をお祈りいたします。

↓よかったら、こちらもぜひご一読を。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

刑務所でダイエット?結果マイナス30キロ。

一冊の本が読者の行動範囲を大きく変えてしまうことがある。

衝撃!(創作)ダンス漫画、ムラサキが面白すぎ。

楽しかった!瀬戸内寂聴さんとホリエモンの対談本を読んで。

運動会にて。

自由な時間を増やし経験を最大化する・・・オススメの片付け本。