座り姿勢を正しくキープするstyle athlete (スタイルアスリート)の感想

以前から、長時間のパソコンに向かっているときの、背中がダルイ感じをなんとかしたいと思っていました。

骨盤が後ろに傾いて、背中から腰のあたりが重たく感じるのです。(長い時間、運転した時もそうですね)

そこで、座り姿勢を正しくキープしてくれる座椅子を使ってみることにし、style athlete (スタイルアスリート)を購入しました。

今回は、スタイルアスリートを使った感想と、正しく座っているとはどういう状態なのか、を解説していきます。

style athlete (スタイルアスリート)の感想

一番最初に座ってみた時には、少し違和感がありました。
が・・・すぐに慣れましたWWW。

今では身体が正しい座り姿勢に慣れてきたのでしょうか、スタイルアスリートなしで普通に座ってパソコンで作業などしたりすると・・・スタイルアスリートがない方が腰のあたりに違和感を感じてしまうくらいです。

そういうときは大抵、骨盤が後ろに傾いて姿勢が崩れているので、自分で気が付いて姿勢を直したりするようになりました。

というわけで、私は買ってよかったです。今では、長時間の座り仕事を助けてくれる、私の大切なパートナー・・・。

でも、私の父(70歳)をスタイルアスリートに座らせてみると、慣れなくて嫌だと、一回だけしか使用しませんでした。(父はたいがい最初の一回はケチをつけます・・・母談)

あと、父は自分には少し、きつい(サイズが小さい)ように感じたそうです。

※ちなみに私の父は、姿勢が悪いです(笑)。姿勢良く腰かけているところを見たことないですね。身体が右側が前に出ていて、左右の肘の向きが違います。

ボディメークシートスタイルとの違い(感想)

たとえば、同じ会社MTGの製品で、ボディメイクシート スタイルと比べてみると、スタイルアスリートの方が、座面の固さがソフトに感じられました。

ちなみにスタイルのほうは、私がかつて働いていた整体のお店に置いてありました。

待合室の椅子にスタイルを置いて、お客様に座ってもらい、正しい座り姿勢を体感していただいていました。

座ってみたお客様にはおおむね好評で、赤がよく売れていました。

Style

ボディメイクシート スタイルは腰のあたり(腸骨の上あたり)を支えるのに、やや固い感じがあります。(これは、あくまで私の感じ方と、スタイルアスリートと比較したときの感想です。)私はこの固い感じも、フィット感があって好きです。

腰を後ろから支えてもらっている感じが・・・なんだか頼もしいパートナーに支えられているようで・・・。でも、この固さが好みではない人もいるかもしれません。

なので、あまり固い座り心地を好まない人はスタイルアスリートの方が、少しソフトですのでお勧めします(父はアスリートでも、固いと文句を言いましたが)。

正しい座り姿勢とは?

座ったときに、座骨が立って骨盤を起こした状態が、正しく座った姿勢です。

背筋を伸ばすというよりは、骨盤を起こして、頭が天井に引っ張られるイメージです。

↓の画像を見てください。(出典
書籍より

 

座っているときに気を抜いていると、骨盤が後ろに傾いてしまいませんか?

座っていると猫背になりがちな人は、骨盤が後ろに傾いた状態で座っていることが多いです。

スタイルアスリートの特徴

スタイルアスリートは、骨盤の中の仙骨(せんこつ)という、お尻の真ん中のあたりの骨を後ろから支える構造になっています。仙骨を支えて坐骨が立たせるのです。

このとおり↓骨盤のまんなかの骨が
仙骨。

骨盤模型

この、仙骨を支えることで、座り姿勢を正しくキープするのが、スタイルアスリートの大きな特徴ですね。

 

仙骨キープ




スタイルアスリートを購入した経緯

最初に買おうと思っていたのは、スタイルアスリートではなく、ボディメイクシート スタイルの方でした。

お店に置いていて、お客様にもお勧めしていましたし、自分も気に入って使いたいと思っていたからです。

ところが雑誌(婦人公論)で、スタイルアスリートという新製品がいつの間にか販売されていたことを知りました。

 

婦人公論スタイルアスリート

共同開発者の村主章枝さんに惹かれて購入

結局、ボディメイクシートスタイルではなく、雑誌で見ただけのスタイルアスリートの方を買いました。

デザインが気に入ったのもあるのですが、「アスリート」というネーミングに負けました(笑)。

あと、「氷上のアクトレス」の異名をとった元フィギュアスケートの選手の村主章枝さんが共同開発した製品というのも、私には大きかったです。

 

スタイルアスリート文中

座り姿勢を正しくキープするstyle athlete (スタイルアスリート)の感想まとめ

長い時間座った後の身体の疲れ方が、以前とは全然違います。

なので、思い切って買ったよかったと思います。

姿勢矯正の椅子で、正しい座り姿勢を、自分の身体で知ると、自分がそうでない姿勢になったときに気が付きやすくなります。

そして、自分で姿勢を正すようになります。

その頻度が増えるので、結果、いつも姿勢がいいね、と他人に言われるようになります。

私は、たまたまスタイルアスリートを選びました。仙骨を支える造りになっているので、自然に坐骨を立った状態になり、正しい座り姿勢が身に付きます。

 

体幹ポジショニングシートStyle Athlete
スタイルアスリートの公式購入サイトはこちらです。

Athlete

ちなみに立っているときは骨盤が前傾(ぜんけい)といって前に傾いている人が多いです。特に、姿勢を意識している女性に多いです。正しい姿勢を勘違いしてしまっているのですね。

これだと腰が反るので腰痛になりがちです。それに身体全体のバランスをとるために、首が前に突き出たりして、かえって、猫背になりやすくなります。

ぜひ、正しい姿勢という状態を一緒に勉強していきましょう。

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。

スタイルアスリート公式購入サイト

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

6月25日はマイケル・ジャクソンの命日。

四十肩、五十肩になったときの対処法

起床直後が一番ツライ・・・腰痛と朝のネットショッピング。

20代の時より40代の今の方が良い姿勢と気づいた。

脚の前側の筋肉を伸ばすと腕がより上がるようになるということ。

バレリーナやダンサーに多いストレートネックは改善するべき?その2