仮想通貨の確定申告はどんな感じ?

こんにちは。アリコジマです。

もし仮想通貨投資で儲けが出たら、どういうふうに確定申告すればいいのか、(そもそも確定申告しなきゃいけないのか)疑問に思ったので調べてみました。

仮想通貨に確定申告が必要なとき

確定申告しなければいけないのは、その仮想通貨を何かと交換して利益が出ている場合。

その利益が課税対象となるからです。

20万円以上は「雑所得」として確定申告が必要

所得から経費を差し引いた金額が20万円以上ならば、課税対象になるので・・・。

その場合は、「雑所得」として確定申告が必要なんですね。

そして、以下のような注意喚起も。

利益が20万円に満たなくても、何もしなくていいというわけではないようですが・・・これについてはもう少し調べてから書きますね。

仮想通貨の含み益だけなら確定申告は必要ない

単に仮想通貨を所有していて(何かと交換しているのではなく)、含み益が出ているだけの場合なら確定申告はしなくていいです。

 

損益の計算方法

例1:10万円で買った仮想通貨を40万円で売った(支払い手数料含む)場合

40万円ー10万円=30万円の利益

課税対象は、30万円から経費を差し引いた金額。

 

例2:仮想通貨を複数回、売買した場合

1年間の損益を通算する。

10万円で買った仮想通貨を40万円で売る(30万円の利益)

40万円で買った仮想通貨を30万円で売る(10万円の損失)

利益30万円ー損失10万円=20万円の利益

課税対象は、20万円から経費を差し引いた金額。

 

仮想通貨で商品を買った場合の課税対象額の計算方法

課税対象は、その商品を買った時点での「商品価額」と「仮想通貨の取得価額」との差額

10万円で仮想通貨を1コイン買う

仮想通貨1コインが3倍に値上がりする

その仮想通貨1コインで30万円の商品を買う

30万円の商品価額ー10万円の仮想通貨の取得価額=20万円の差額

仮想通貨の確定申告はどんな感じ? まとめ

仮想通貨は保有しているだけなら、確定申告はしなくていいとわかりました。

売買したときの利益や、仮想通貨で商品を買ったときの差額が、経費を差し引いて20万円以上なら、雑所得として確定申告します。

正直、まだ難しいことはわからないので、これから少しずつ、学んでいこうと思っています。

参考サイト:プレジデントマネーニュース「誰も教えない「お得な確定申告」最終案内(仮想通貨でボロ儲けしたらどう申告するのか?)








 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

仮装通貨の価値って何なん?