治らない・・・私の手荒れの原因は乾癬でした!

私の手荒れの理由は乾癬です!

1年前まで、原因不明のひどい手荒れ
に悩んでいました。

それも15年間も。

で、ようやく病院で、

自分の手荒れが
「乾癬(かんせん)」という
皮膚病だと診断されました。

ほっとしました。
だって病名がわかれば、
薬や治療法とかもある程度、
特定できますしね。

かつての私みたいに、

自分の肌荒れや皮膚病の
原因や病名をちゃんと、
正しく理解してない人って

意外と多いんじゃないかと
思うんです。

特に肌荒れとか皮膚病って、
病院いってすぐ良くなれば
いいですけど、

なかなか治らない場合も
あると思います。

そしたら

「もっと良い医者や、
もっと良く利く薬があるんじゃないか」

と、積極的に病院を渡り歩く
ならいいですけど、

中には、病院通いにもう疲れて
あきらめてしまう人も
いるんじゃないかな~と思うのです。

だけど、医学も日々進歩していますし、
情報もどんどん更新されていますから、

みんなあきらめないで、
皮膚病や肌荒れの完治を
目指していけたらいいなと思うのです。

私の場合は、ようやく
乾癬という病名が特定されて
治療をしています。

病名がわかれば治りは順調に!

病名がわかる前に比べたら、
治り具合は、なかなか順調だ
と思います。

いや、順調どころか、

生活が変わりました!

なにしろ、ホントにしょっちゅう
、時には数十分おきとかに

ハンドクリームを塗っていた
生活からは解放されて
いるのですから。

乾癬(カンセン)とは、
後天的皮膚角化症のひとつで、
慢性的な皮膚疾患です。

うまれつきじゃないって
ことですね。

誰でもなる可能性はあります。

で、一度なってしまうと、
なかなか治りにくいです。

人によっては一生、おつきあい
しなくてはなりません。
15年来、私はいつも、
治らない手荒れの症状に
悩みまくりでした。

まさに慢性的な皮膚疾患。
乾癬と診断される以前は、
病院に通っても、
目に見えて良くなることもなく、

病院に行くことが次第に
おっくうになり、ついには、
手荒れに効くという
ハンドクリームを塗って、
当然効き目はありませんでした。

もう、完治は・・・、
あきらめかけていました。

ところが、いよいよ

「あきらめた~」
では済まなくなるくらいに
症状が悪化。

久しぶりに病院、それも
今まで通ったことない病院に
行ってみました。

そしてそこで、
乾癬と初めて診断されて、現在、
みるみる症状が改善されています。

まだまだ完治とはいかない
ようですが、うれしいです。

悪い状態って、慣れてしまったり
自分がそれを受け入れてしまって
長い期間たつと、当たり前に
なってしまうので・・・

今回改めて、
「あきらめない」ことの大切さを
記録しておきたくなりました!

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

皮膚が剥がれ落ちる乾癬の症例・・・私の場合は?

道端アンジェリカが罹った乾癬(かんせん)、実は私も。

乾癬と診断されて・・・金属アレルギーでもアトピーでもなかった!