PMSや更年期対策には海外ドラマもいいかもと思う今日この頃。

こんにちは、さっそくですが・・・。

命の母ホワイトが、手放せません・・・。

そこでやる気がでない日には、プライム見放題の海外ドラマを観て有意義な時間を過ごしてます。Amazonプライム会員になっているおかげです。

ちょっと以前までは、アメリカのニューヨークを舞台にしたドラマセックスアンドザシティにハマってました。

海外ドラマは、強くてかっこいい、そして大人の女性キャラの宝庫。セックスアンドザシティでいったら主人公キャリーの友人のサマンサでしょうか。


Amazonプライム会員になってよかった!

懐かしの海外ドラマに人生の追憶を重ねてみる。

オープ二ングで、主人公キャリーがバレエのチュチュみたいなスカートを履いてニューヨークの街を闊歩している(のちにバスのタイヤが跳ね上げた水たまりの水がスカートにかかる)シーンが有名ですね。


昔、リアルタイムで観てたけど、
キャリーってこんなにめんどくさい女だったっけか?
あとキャリーこんなに筋肉質な身体だっけ?

キャリーを演じるサラ・ジェシカ・パーカーは見事な美筋ボディ。

けれど放映当時のリアルタイムで観ていた時は、私はそこは完全スルーで気がつかなかったです。

当時はダンスもバレエも筋トレも、美容整体の仕事もしていませんでしたしね。筋肉には興味ゼロ。

まさか20年たって今の状況になるとは、自分でも想定外。

43歳の現在、生理前後の気分の落ち込みややる気の出なさに悩むようになるのも、想定外。

こうして命の母ホワイトと、もう一つ、アマゾンプライム会員特典のプライムビデオでドラマ見放題とで、PMS対策しているというわけです。

Amazonプライム会員に申し込む

 

歴史ドラマは古さを感じさせない

そして今、ハマっているドラマは、これまた海外ドラマROME[ローマ]。もちろん、Amazonプライム会員特典でプライム見放題です。

2005年に放映されているのでもう、13年前のドラマです。

ちなみにこのROMEローマは、あの大ヒット漫画テルマエロマエの作者のヤマザキマリさんが、テルマエロマエを描こうと思ったキッカケにもなったドラマです。

私がこの漫画を描き始めたきっかけにもなったHBO製作の大河ドラマ「ROME」。実写版「テルマエⅠ」の撮影がこのドラマのために巨額の費用を掛けて作られたセットで行われた事は、自分の人生に於いてこの上ない喜びでした。まさか自分が描いた漫画とそんな拘わりを持つ事になるとも知らずに見ていたこの大河ドラマは、私のリスボン生活時代の大きな楽しみの一つであり、制作過程やそれに携わった人達の見解などが載ったサイトの特設記事を熱心に読み耽ったものでした。

テルマエ・ロマエⅥ収録「ローマ&風呂、わが愛 vol.22」より引用

=====

ROME(ローマ)の主要キャラにも、テルマエの主人公のルシウスと名前の似たルキウスいう名前のキャラが出てきます。


ルキウスってローマ時代によくありがちな名前みたいですが。

作者のブログによれば、ルシウスのフルネームはLucius Quintus ModestusLuciusはラテン語発音だと「ルキウス」となるが、あえて「ルシウス」としている。“後のプロセスでマンガの中に数名のルキウスが出てくる事も想定されており、複雑なことになるのを避けたかったのと、響き的に「ルシ」の方がちょっとした気弱さや繊細さが醸せていいかな”とのこと

ウィキペディア (テルマエロマエ)より

テルマエのルシウスとローマのルキウスとで共通なキャラ設定なのは、女性の扱いが苦手で女性に対して不器用なところです。

あと奥さんに不倫されちゃってるところも同じ(泣)。

ROMEローマもAmazonプライム会員見放題です。

ハマってシーズン1とシーズン2、イッキに観ました。

これね・・・面白い!

エッチなシーンが多いとか言われていますが、ストーリーや世界観、その時代のモラル的にも必然な演出だと思います。

あと、俳優陣の演技もすばらしい。

関係する記事>>>ヘタレな若者からローマ兵士や戦場帰りのドクターにもなれる俳優の魅力

ほかにも『テルマエ・ロマエ』の実写版映画もⅠ、Ⅱともにプライム会員なら会員特典で見放題になります。

海外ドラマの悪女に癒される

アティア様最高。ローマ女性の悪徳を体現しているんでしょうかね。

アティアの娘のオクタヴィア(オクタウィア)は、後にローマ女性の美徳を体現しているとして初めてコインになった女性だそうです。

彼女の葬儀は国葬をもってなされた。また彼女は古代ローマでは横顔をコインとして発行された最初の女性となった。

ウィキペディア(小オクタウィア)

対して母のアティアは・・・そんな実の娘に対しても、とにかく横暴きわまりないヒドいことしてるんです。

娘を相思相愛の夫と無理やり離婚させて、もっと有利な相手との再婚を勝手に決めてしまいます。あげくに邪魔になる娘の元夫を…

そんな毒親でも、アティアを憎みきれない感じのオクタヴィア。アティアにしたら、娘をまるめこむのなんて、チョロいもの。

それにこの政治闘争とリアルに殺し合いや戦闘ばかりの時代に、ローマ名門貴族の看板背負って女が生き抜くには仕方ないでしょ。って言いそう・・・。

けれども騙されやすそうな姉に代わって、弟のオクタヴィウス(オクタヴィアヌス)が母になんか一矢報いるコトやってくれそうな雰囲気。

史実では後にローマのユリウス・カエサル朝開祖の皇帝アウグストゥスになるオクタヴィアヌス。まだドラマのシーズン1では少年です。

でも皮肉のこもったセリフを母アティアに投げつけてるところを観ると、この策略家な母の性質を、実は一番色濃く受け継いでいたりして。

後に彼が皇帝にまで上り詰めるのには、この母の性格をいくらか受け継いでいたことが大きいのではないかと思わされますね。って、まだ最後までドラマ見てないですけどね。

そんなわけで生理前後のやる気の出なさは、どうせ何も手につかないなら、アマゾンプライム会員のプライム見放題で海外ドラマを観るといいでしょう。

閉経なんて永久にこなそうな、海外ドラマの中のアクの強い女性キャラに、不思議に癒されます。


まだまだ枯れんぞ。

ちなみに映画の実写版「テルマエ・ロマエ」、「テルマエ・ロマエⅡ」ともにプライムビデオ見放題作品です。阿部寛がルキウスにぴったりのハマり役。


この映画がドラマ「ROME(ローマ)」のセットで撮影されたなんて・・・。

Amazonプライム会員に申し込む

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

大人女性の課題・・・心身の不調がない状態をキープするには?

生理前後の気分の落ち込みが解消!

ホルモンの悪戯

命の母ホワイトの7日分がお試しに飲むには便利。