トウシューズで立てるようになりたい!3日間だけ頑張ってみた。

こんにちは。ビシズム★コジマです。

前回の記事トウシューズ(ポワント)で立てない・・・。をお読みいただいた方にはおわかりになると思いますが、3日間、トウシューズで立つために自宅でできることをやりました。

そしてその成果と感想をご報告します。

トウシューズで立てるようになるためにやったこと

次のレッスン(あと3日)まで毎日、

これは毎日やろうと決めました。

また、上体を引き上げる力も弱いのかもしれないので、腹筋と背筋はもちろん、体幹を鍛えるエクササイズもします。

トウシューズ(ポワント)で立てない・・・。

というわけで、自宅でエクササイズ。

  1. 足の裏の筋肉を鍛えるために、床にタオルを敷いて、足裏と足の指を使ってタオルの布を手繰り寄せる。これを複数回繰り返す。
  2. タンジュ
  3. ルルベ(片脚でつま先立ち)

これらを三日間毎日、気が付いたら行うようにしました。

あとは、椅子に座り、セラバンドを足の先にひっかけて、脚を曲げたり伸ばしたりを繰り返して内側広筋を鍛えるエクササイズもしました。(こちらの記事トウシューズで立てない原因を追及。軸足の膝が伸びない!の最後のほうにエクササイズの動画を貼り付けています)

バレエの軸足を鍛えるためセラバンドを購入してみた。

ほかには腹筋と背筋をやったり。

あと、忘れてはいけない「トウシューズを慣らす」こともしました。

やり方は人によりさまざまなようです。

私はトウシューズのつま先の部分(ボックス)と、靴底のかかとの部分とを、それぞれの手で持って、履いたときに足の裏が靴底の板(インソールまたはシャンクと呼ぶ)にフィットしやすくなるように、イメージしながら軽く曲げて(たわませて)みたりしました。

これを3日間、毎晩繰り返しました。

トウシューズを慣らすのには、私は主にこちらの動画を参考にしました。→トウシューズ – リボン・ゴムの付け方、慣らし方、アレンジ方法

前回の記事トウシューズ(ポワント)で立てない・・・。のなかにも、トウシューズの慣らすやりかたについて書かれたブログへのリンクを張ってあります。よかったら参考にどうぞ。(自己責任でね!)

エクササイズ(3日間限定)の効果は?

ずばり、効果はありました。

ただし、まだトウシューズで完全に立てるところまでは、至りません。

それでも、


もう少しで立てそう・・・な兆しは見えてきました!

といったところです。

前回のレッスンの時よりも、「ポワントで立つ」状態に近づいてきてはいました。

足の裏の筋肉が、前回のレッスンの時よりも使われている感覚がありました。

トウシューズで立てる足とは

トウシューズで立てる状態かどうかは、トウシューズを履いて立ったときの脚(足)の形で決まります。

足の甲が前方にぐっと出た状態です。

つまり、脚の脛(すね)から足の甲にかけての形が、甲が前に押し出されたように突き出ているか少なくとも、立ったときに床に対して垂直に甲が伸びていること。

そうでないとトウシューズの先(プラットフォーム)で立ったときに、かかとがすぐに落ちてしまいます(要するに立てない)。

この↓の画像のように、足の甲が、弓なりに近い形で前方に突き出る状態でないと、立てません。

これは足の裏の筋肉がギュっと収縮しないと、足の甲側、つまり足のつま先が伸びた状態になれないのです。

この↓の画像は、右の足のつま先がまだ、しっかりと伸びた状態ではないです。一応、立てていますが、すぐにかかとが落ちてしまいそうですね。

このように、甲がしっかりと前方に出ていない、つまりつま先が伸びていないと、トウシューズを履いても立てるわけがないのです。

先生からも

「甲をぐっと前に、前に!」

と言われました。

ただ、私は足の裏の筋肉がまだ弱いので、足裏が甲を前に押し出せないのです。

それでも、3日間のエクササイズ(タオルにぎにぎ)で、前回よりは足の裏を鍛えていたので、前回よりも足の裏の筋肉が使えている感覚がありました。

レッスンの後は、足の裏がすごく疲れていて、少しだけですが、痛んだほどです。

今まで、足の裏が痛くなったことがなかったので、いい傾向でしょう。

こちらの動画でわかりやすくトウシューズを履いて立てる状態の足の形を説明してくれています。↓↓↓

弱い方の足が足を引っ張る

また、今回、気が付いたのが「弱い方の足のせいで立てないのかも」ということです。

私は、どちらかといえば右の足のほうが、左の足よりも強いです(これはほとんどの人があてはまるらしいです)。

ジャズダンスでターンをしたときなど、左脚を軸にして回ると、ダブルで回った時など、回りきる前に、左のかかとが落ちてしまいます。

右脚が軸でターンしたほうが、かかとも落ちにくいですし、安定感があります。

今回、トウシューズを履いて、バーにつかまっていると、右足はもう少しで立てそうな感じがあるのに、左の方がまだまだ立てない、と感じました。

左のかかとが、右よりも先に落ちてしまいますし、甲も右足に比べて左の方が前に出にくかったです。

どうも、左足が右足の、文字どうり「足を引っ張っている」ような気がしました!

トウシューズで立てるようになりたい!3日間だけ頑張ってみた。まとめ

結論としては、エクササイズは効果があるので、トウシューズで立てる、歩く、踊れるようになるまで続けよう、ということです。

足の裏を鍛えるエクササイズが特に、私の場合、効果が高いと感じています。

私はずっと膝がトウシューズを履いたときに伸びなくて曲がってしまい、立てないと悩んでいました。

身体を引き上げる力が弱いのですが、脚が弱いだけでなく、足裏の筋肉がちゃんと使えていないことも、原因にありそうです。

また、トウシューズを慣らすことも継続していくようにします。

さあ、いったいいつになったら、私はトウシューズを履いて立てるようになるのか。

甲、じゃなくて乞うご期待!

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

吉田都が50歳を過ぎても第一線のバレリーナで活躍できる理由とは?

知らなかった・・・。ルルベが低いのは中足骨(ちゅうそっこつ)のせいだった。

あきらめるな!トウシューズで立つことを・・・。

トウシューズ(ポワント)で立てない・・・。

トウシューズで立てない原因を追及。軸足の膝が伸びない!

バーにつかまらずに立てるトウシューズに出会いました。