イケメンバレエダンサーにレッスンしてもらいました。

こんばんは。

あと24分で日付けが変わる日曜日。

毎週末、ダンスに始まりダンスに終わる日々なので・・・

せめて日曜くらいは用事を入れないように
しないと家事やなんかが片付かないのですが・・・

そんなわけにもいかず、

なんだかんだと日曜も予定が入ることが多いです。

で・・・、もう、思い切って書きますが、
基本、何事もなくつつがなく毎日を送りたい
タイプなので、行事とか、

そんなに好きじゃないです!

でも、今日のようにプロのバレエダンサー
しかもイケメンの先生の特別レッスンを受けるのは、

やぶさかではありません。というか、

うれしいです。(*´▽`*)

 

男性バレエダンサーさんに教わるのは初めて

40年以上生きてきて、

男性のプロのバレエダンサーさんに
レッスンしていただいたのも、

こんなに間近にいさせていただいた
(同じスタジオの空気を吸った、スーハー)
のも、初めてでした!

が、私のバカは、ちょうど使い捨ての
コンタクトレンズを切らしており、

イケメンの誉れ高い先生のお顔も
ぼんやりとしか見えませんでした。

だめじゃん。

でも、気配や輪郭、空気感やお声で
イケメンだと充分認識できました!
(いや、そういう問題じゃないけど)

今回、小学生の長女も同じ先生に、
別の時間枠でレッスンを受けさせて
いただきましたが、

「イケメンだった!」

と小学生女子なりに高揚してました。

 

解剖学に基づいたストレッチやレッスン

今となっては(昔を知らないけど)ダンス、
バレエのレッスンにおいては、

人体の解剖学に基づいたレッスンのメソッドが
主流なのだろうと推察します。

今回の先生のレッスンも、

腰痛にいい(予防?)というストレッチだったり、
バーレッスンでの脚をあげるときの
上体の引き上げかたや腕(脇)の伸ばし方など、

筋肉や骨格についての先生の知識だったり、
経験だったりが垣間見られ、

レッスンが進むにつれ、
初めて会ったこの先生への信頼感が、
よりいっそう増していきました。
(知らんがな)

レッスンが始まったときも、
始めたあとも、私はずっと緊張していましたが、

先生は優しくユーモアあふれる言葉や
表現で緊張をほぐしてくれて、

レッスンが終わるころにはとても
楽しくて、1時間半(の予定でしたが)の

レッスンが、すぐに終わってしまったように
感じてしまいました!

 

強くしなやかなバレエダンサーの筋肉が必須

今回の先生の、腰痛(予防)にいいストレッチについては

ここには書けませんが、(書いていいかわからないので)

私が整体のお店でお客様に指導させていただいているのと
同じ点がありました。

「座るときは骨盤(坐骨)を立てて座る」
「腰椎(腰の骨)を伸ばす」

という点が共通かなと感じました。

あと、先生は私よりも年上の40歳代のかたですが、
小学生女子のハートをつかむほどの
イケメンぶりなのは、

おそらく筋肉量が多いので、
若く見えることも大きなポイントかなと思いました。

私のジャズダンスの先生が以前、

確かおっしゃった言葉で
「筋肉量と若さとは比例する」

というようなことを聞いた気がするのですが、
(表現が違うかもですがだいたい合ってると思います)

今回、プロの男性バレエダンサーの先生に
お会いできて、
強くしなやかなバレエダンサーの筋肉が
立ち姿や姿勢、歩き方などの土台となり、

イケメンの有効成分となっているのだと
よくわかりました!

 

姿勢を気にする男性が増えている・・・

私の勤務する美容整体のお店では、

無料で姿勢(骨格)の(ゆがみ)チェックを
しています。

女性のお客様がターゲットのお店ですが、

先日も男性がチエックを希望されて
来店されました。

男性の脱毛やメンズエステ同様、
姿勢を良くしたいと望む男性は、
今後、増えていくのではないでしょうか。

姿勢がいいと若く男前に見えます。

バレエでは姿勢がよくなる筋肉の
インナーマッスルをよく使いますから、

ご自身のイケメン度をアップさせたいかたは
ぜひ、バレエか骨盤矯正もしくは両方、
やってみてはいかがでしょうか。

 

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

5月20日(土)シズオカ×カンヌウイーク2017でのフレンチカンカンの告知です。

夏でも身体は冷やさない!美のためなら麦茶も常温で飲むのだ。

ジャスティン・ビーバーと仕事する日本人ダンサー、MAASA ISHIHARAさん...

ゴールデンウイークに観たテレビ番組(パリ・オペラ座バレエ学校の子どもたち)

ジンギスカン(歌と踊り)について調べたら驚いた。

30年来のマイケルファンの私が独断と偏見で選んだマイケル・ジャクソンの命日に聴く...