仮想通貨・トークン売買に参入準備!Zaifで口座開設した感想

こんにちは。

「まだ仮想通貨もってないの?」と言われているアリコジマです。


仮想通貨か。とりあえず今すぐ取引しなくても口座だけでも準備しておこうかナ・・・。

という私のような人も多いことでしょう。

そんな私のような仮想通貨初心者が、仮想通貨取引所の口座を開設するなら、まずは、国内の仮想通貨ブロガーが皆、こぞっておすすめしている「Zaif」の口座を開設しましょう。

Zaif」の場合、仮想通貨だけでなくトークンの売買もできます。トークンはネットワーク内で流通する独自の通貨です。

このトークンの売買もできることが「Zaif」のオススメポイントの一つでもあります。あとは海外の取引所と同じ板取引なので手数料が発生しないなど、他にもZaifがおすすめされる理由はまだあります。

この記事では、評判のZaifの口座開設をしてみた感想と注意点を書いています。

Zaifで私も口座を作ってみましたが、こんな簡単でいいの?と思いました。


多分、所要時間にすると5分から7分くらいじゃなかったかな。

ネットで検索すれば、口座開設の手順を詳しく解説してくれているブログやサイトが多くあります。

けれどそんな開設手順を見ていなくても、Zaifの画面にしたがって入力していけば、普通に開設できます。

私は開設手順を、あらかじめほかの人のブログを読んで調べてから口座を開設したのですが・・・、そのブログには2段階認証のことが書かれていませんでした。

そのため、いざ実際に登録してみると、途中で2段階認証の設定をすることで、手順が想定外の順番になったので、やや戸惑いました。

そんな2段階認証の設定のことや、トークンについてもざっくりとこの記事で解説しています。

仮想通貨の取引所で口座をこれから開設されるかたは、よかったら参考にしてみてください。

実際にやってみると、難しいことは何もなかったですよ!

仮想通貨取引所Zaifの口座開設の流れをざっくりと。

とりあえず、一般的に検索上位にくるブログなどで解説されている口座開設の手順がこんな感じです。

  1. メールアドレスを登録。
  2. ユーザー情報入力。
  3. 電話番号認証(SMSによる認証)
  4. 本人確認書類を提出
  5. Zaifからはがきが郵送されてくる
  6. はがきに記載された本人確認コードを入力。

私の場合、本人確認書類は運転免許証の画像をアップロードしました。

また、早くてもはがきが発送されるのは3営業日より後になるとのこと。

はがきが届くまでに時間がけっこうかかると思っていたけど、私の場合は4日目くらいに届いたと思います。

ただ、2週間後に届いた人もいるらしいので、届く早さには個人差があるでしょう。

それから、この順番には記載していませんが、Zaifにはセキュリティ強化のための2段階認証を設定するという手順もあります。

それについては後述します。

Zaifの口座開設のために前もって用意しておくもの

  • メールアドレス(Zaifからのメール通知を受け取るため)
  • 本人確認書類(運転免許証など)
  • スマホ(SMSメール受信と2段階認証の設定のため)

Zaifの口座開設で感じたこと。

Zaifのくわしい口座開設手順はネット上で検索すればすぐに出てきます。

そして実際、いくつかのブログでZaifの口座開設手順をみて、簡単そうなのでやってみました。

すると、開設したときに戸惑ったことがひとつだけありました。

※戸惑ったとはいえ、口座開設自体は簡単にできます。

Zaifの2段階認証の設定を口座開設時に勧められる。

戸惑ってしまった理由は、途中で2段階認証というものの設定を勧められるからです。

2段階認証はセキュリティー強化のためのものです。

設定しておいたほうがいいのはもちろんですが、後からでも設定することができます。

・・・というより、Zaifの口座開設手順を紹介しているブログの多くが、2段階認証を後から設定することを想定して書かれています。

そのため実際に口座開設をしたとき、

「2段階認証はご存知ですか?お客様のアカウントを守るために今すぐ「アカウントとセキュリティ」から2段階認証の設定を行いましょう」

という文面が画面に出てきたので、


えっ。2段階認証の設定って何?

と戸惑いました。

Zaifおすすめの2段階認証アプリをスマホにインストールする

実際にやってみると、2段階認証も簡単でした。

「Zaifの2段階認証に対応しているスマホアプリ」がZaifの画面に表示されているので、そのアプリ(3種類)から選ぶことになります。

私はGoogle Authenticator(グーグル オーセンティケータ)を選びました。

Google Authenticator
Google Authenticator
開発元:Google, Inc.
無料
posted withアプリーチ

画面の表示にしたがっていけば、普通にアプリのインストール、2段階認証の設定までできます。

この2段階認証を後から設定すれば、おそらく口座開設までトータルで5分もかからないでしょう。

私のように最初の口座開設時に2段階認証をしても、5~7分くらいで開設できてしまうでしょう。

それくらい、Zaifの口座開設は簡単でした!

Zaif新規登録者にはトークンのプレゼントキャンペーンも。

数ある仮想通貨取引所のなかでもZaifがオススメされる理由の一つとして、Zaifではトークンを売買できるという特徴があります。

トークンとは

トークンとは、正確な定義があるわけではなく説明も難しいのですが、例えるなら楽天でいうところの楽天ポイントのようなものです。

楽天ポイントは楽天の経済圏の及ぶ範囲内(楽天の提供するサービスや楽天と提携しているお店)では、1ポイント=1円の価値があります。

楽天証券では、楽天ポイントで投資信託を買うこともできますし、楽天市場で買い物したときの送料のポイント支払いは、私もよく利用します。

けれども楽天と関係のないところでは、当然、楽天ポイントは使えませんし、何の価値もありません。

トークンもこれとよく似ています。

トークンの価値は欲しい人が多ければ上がりますが、欲しい人が少なければ価値が下がります。


欲しい人が多ければ価値が上がり、少なければ価値が下がる。そのあたりは仮想通貨や株とおんなじだね。

トークンの利用用途は、トークンを発行した生産者が決めます。

そしてZaifではそのトークンの売買(取引所「Zaif Exchange」)もできるのです。

トークンとは仮想通貨の根っこで使われているブロックチェーン上で流通する文字列のことを指す場合が多く、一般的には仮想通貨やブロックチェーン上で機能する独自の経済圏をこう呼ぶようになりましたが、正確な定義があるわけではありません。

(略)

特定のネットワーク内で流通する独自の通貨をトークンとして生産者が発行して、完全に独自の経済圏を作ることができます。通貨であるトークンにどのような性質があり、どんなルールで流通するかも企業や個人や組織が自分たちで考えて自由に設計することができます。

(略)

これまで価格のつかなかった曖昧な概念もデータとして認識できればトークンにして市場価値をつけることができます。

お金2.0 新しい経済のルールと生き方 (NewsPicks Book)

Zaifトークンがもらえる!期間限定キャンペーン

Zaifでは口座を新規開設すると、Zaifが発行するZaifトークンがプレゼントされるという期間限定キャンペーンがあります。

トークンの受取と確認の方法についてはトークンの付与時に連絡があるようですので、期間内に口座開設して本人確認完了した方は、楽しみに待ちましょう。

1.キャンペーンの概要

・期間内に新規でご登録いただいた方(*本人確認まで完了された方)を対象にZAIFトークンをプレゼントするキャンペーンです。ZAIFトークンは取引所「Zaif Exchange」内で売買する事が可能です。

Zaif「Zaifトークン配布キャンペーン」に関する概要

Zaifに無料登録する

おわりに。

おすすめの仮想通貨取引所として、必ずといっていいほど名前が挙がる取引所のZaifに、口座を開設しました。

仮想通貨の取引に参入するのはまだ見合わせていますが、「先行者利益」「まだ仮想通貨もっていないの」などという言葉を聞くと、ムズムズします。

実際、口座を開設するだけならとても簡単ですし無料です。

そして、2段階認証については後からでも設定できますが、口座開設のついでに、画面の手順に従いアプリをインストールして設定まで一連の流れでやれば、簡単なので先にやっておくのをおすすめします。

とりあえず、いつでも取引に参加できるようにあらかじめ、取引所に口座を開設するだけでもやってみるのはおすすめです。

なかでも特にZaifは、トークンの売買もできますし、中抜けの手数料がかからないのでおすすめです。

最後まで読んでいただき、どうもありがとうございました。

Zaifに無料登録する

 

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

関連記事

ZaifからのZAIFトークンを受け取りました。

仮装通貨の価値って何なん?

仮想通貨の確定申告はどんな感じ?